してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

買ってみた - デアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」《 その 112》

 

昨日は「かわいい刺しゅう」第30号の発売日でした。残すはあと(現在の予定では)50号です!

 

f:id:mubikichi:20191008143824j:plain

 

30号の表紙は水色です。

表紙には、後半の雑貨課題のシザーキーパーと、前号で完成したニードルケースが載っています。

 

前半のタペストリー課題は、前号で「ジャックと豆の木」の図案が完成したので、今号からは新しい図案に取りかかります。

 

今号から2回続きで刺しゅうするのは、タペストリーの下の右側にある「キツネとブドウ」です。この図案が終われば、夏のタペストリーの下半分がすべて完成したことになります。

 

f:id:mubikichi:20191008143841j:plain

 

「キツネとブドウ」の童話はイソップ物語の1つですが、ストーリーははっきり知りません。確か、ブドウはすっぱいからいらないよ!みたいにキツネがいうのだったような?

 

きっと次号で簡単にストーリーが紹介されるので、その時を楽しみにすることにします。

 

テキストをパラパラと見てみると、今号ではツルのすべてと葉っぱの一部、そしてキツネのボディの刺しゅうをするようです。

 

キツネのボディは、苦手なロングアンドショートステッチでの刺しゅうです。テキストのようにキレイに刺しゅうできるか気になりますが、うまくできれば、動物らしい毛並みを刺しゅうで表現できそうです。

 

テキストの目安時間は、ツルと葉っぱに2時間10分、キツネになんと4時間なので、今回はなかなか時間がかかりそうです。

 

後半の雑貨小物課題は、前号で仕上げたニードルケースとおそろい模様のシザーキーパーを作ります。

 

シザーキーパーという単語は、この課題で初めて知りました。「このハサミは私のです」という目印? ニードルケースとセットにするといい感じのギフトになりそうです。

 

そのためには、キレイに作らないと、です。ニードルケースにした刺しゅうと同じようなボリューム感で刺しゅうしたいと思います。特にビオラの花は、刺しゅうしすぎて盛り上がっているので、シザーキーパーのビオラもモリモリにしないと(笑)。

 

シザーキーパーは今号で完成させますが、制作目安時間は刺しゅうだけで5時間です。タペストリーと同じく、雑貨小物課題もけっこう時間がかかりそうです。

 

そういえば第28号で、ニードルケースの左上の花の中心がテキストの写真では緑色だけれど説明ではグレーとなっていた件がありました。

 

下にある花の中心がグレーなので、上の花の中心もグレーにしてしまったのですが、今号に「訂正」の紙がはさまっていて、説明が間違いで、正解の色は緑だったそうです。

 

でももうニードルケースは完成しているので直すことはできませんし、グレーでもおかしいことはまったくなく、これはこれでいい感じ、と思います。

 

今号のキットの内容は以下のとおりです。

 

f:id:mubikichi:20191008143834j:plain

 

シザーキーパー用の布と綿、そして刺しゅう糸です。

 

今号は前半課題も後半課題も時間がかかりそうですが、時間が足りなければ先に持ち越して、無理せず楽しみながら制作したいと思います。