してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

買ってみた - デアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」《 その 108》

 

「かわいい刺しゅう」第28号の課題は、後半の雑貨小物課題からスタートしましたが、そちらが終了したので、さっそく前半のタペストリーの課題に取りかかりました。

 

前号から始まった「ジャックと豆の木」のモチーフ。3号続きで終わらせますが、今号はその第2回目です。前回では豆の木(ツル)をすべて刺しゅうし、なかなか時間がかかって大変でしたが、今回はジャックの家とジャック、そして雲2つ、だけです。

 

まず最初に刺しゅうしたのは、豆の木の元にあるジャックの家です。バックステッチなどで家を刺しゅうし、オレンジ色の屋根はチェーンステッチで刺しゅうしました。

 

f:id:mubikichi:20190919151214j:plain

 

テキストの写真を見た時は特に思わなかったのですが、緑ばかりのなかに暖色のジャックの家がちょこんと加わると、さらにかわいらしさが増しました。

 

ジャックの家の刺しゅうが終わったら、次は雲の刺しゅうに取りかかります。

 

雲はチェーンステッチでこまこまと仕上げていきます。使うのは、青いグラデーションの刺しゅう糸。ツルの刺しゅうをした時には緑のグラデーションの糸を使い、楽しかったので、今回も雲の刺しゅうをするのが楽しみでした。

 

どちらの雲も、糸の色が濃い部分からスタートします。雲の下のほうは左右に行き来しながら刺しゅうしていき、上の白っぽい部分は、外側から中央に向かってぐるぐると刺しゅうしていきます。

 

f:id:mubikichi:20190919151245j:plain

 

なので、白っぽい部分は途中から色が濃くなってきて、中央がうっすら水色に。こういう、やってみなければどうなるかわからない、的な感じがとても楽しいです。

 

楽しい雲の刺しゅうが終わったら、最後はツルを登るジャックを刺しゅうします。

 

ジャックの刺しゅうは、ほとんどがサテンステッチです。帽子のつばの部分はアウトラインフィリングステッチ、帽子の黄色い飾りはレイジーデイジーステッチです。

 

f:id:mubikichi:20190919151314j:plain

 

腕は久しぶりにバリオンステッチです。数号前にやったばかりなのにやり方を忘れて、過去テキストを探すことに。「はだかの王様」の家来たちの腕をバリオンステッチで刺しゅうした時はなかなかうまくできなくてブツブツ言っていましたが、久しぶりにやってみたら今回は一回でキレイにできました。

 

第28号の課題はここで終了です。ジャックに顔がありませんが、次回、上にいる巨人の刺しゅうをする時にまとめて刺しゅうするのかもしれません。

 

テキストに載っている目安時間は2時間20分でしたが、かかった時間は2時間55分でした。雲の刺しゅうをじっくり丁寧にやったから時間がかかったみたいです。

 

f:id:mubikichi:20190919152119j:plain

 

夏のタペストリーは、春のタペストリーとくらべて、みっちりと刺しゅうするところが多いので、その分やりがいとかわいさ、そして達成感が倍増です。 

 

特にこの「ジャックと豆の木」のモチーフは、刺しゅうのみっちり度が高く、できあがって行くのがとても楽しみです。次号で完成しますが、できあがったらかなり嬉しいだろうなぁ、とワクワクします(笑)。