してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べてみた - 不二家のルックチョコレート「LOOK2 こだわり和栗」

 

涼しいお店でお昼を食べて、涼しい地下街を歩き、そのまま涼しいスーパーに入ったら、先週はまだなかった、秋っぽいお菓子が山積みになっていました。まだまだ暑いですがもうすぐ9月なのですね。

 

栗やサツマイモを使った(?)お菓子がいろいろあり、そのなかに私の好きなルックチョコレートを発見。夏のチョコレートは避けていましたが、ずっと涼しい場所にいたのでつい秋っぽい気持ちになり、買ってしまいました。

 

買ったあと、外に出て「ギャッ暑い!」となり、チョコレートが溶けないうちに戻らないと、と急いで帰ってきましたが、やっぱりかなりふにゃふにゃになってしまいました(笑)。

 

f:id:mubikichi:20190819130044j:plain

「LOOK2 こだわり和栗」

 

新商品のセールだったので、105円(税込み)でしたが、普通に買うと120円くらいなのでしょうか。今回のルックは、秋の食材「栗」のチョコレート2種の食べ比べです。

 

チョコレートは溶けてはないもののふにゃふにゃなので、しばらく涼しいところに置いてある程度かためる(?)ことに。その間、パッケージを読んでみました。

 

このルックチョコレートは、茨城産の和栗を使っているそうです。パッケージのなかに書いてあったのですが、茨城は和栗の収穫量も出荷量も全国1位とのこと。メロン栽培で有名なのは知っていましたが、和栗は知りませんでした。

 

f:id:mubikichi:20190819130709j:plain

 

チョコレートは、焼き栗タイプと蒸し栗タイプです。外側はどちらもミルクチョコレートですが、焼き栗タイプは、焼いた栗を使った香ばしいクリームとのことで、蒸し栗タイプは、蒸し栗を使った甘いクリームとソースを使っているそうです。

 

少し冷えてきたので、中袋を開けてみました。

 

f:id:mubikichi:20190819131039j:plain

 

2つの味ですが、チョコレートの表面のデザインは4種です。

 

それぞれのチョコレートを割って、なかをチェックしてみました。チョコレートの表面はかたまっていますが、やはり夏場のミルクチョコレートは指につきます(笑)。

 

f:id:mubikichi:20190819131205j:plain


 焼き栗タイプのクリームは焼き栗っぽい茶色い色、蒸し栗タイプ のクリームは栗本来の黄色っぽい色です。クリームの上にソースが乗っています。

 

ルックチョコレートは甘いチョコレートですが、この「こだわり和栗」もかなり甘いです。久しぶりにルックを食べたので、この強い甘さがなんだか懐かしかったです(笑)。

 

特に甘いのは、パッケージで「あま〜い」とうたっている、蒸し栗タイプのほうです。クリームもソースもすごく甘く、でも、あまり栗っぽくはありませんでした。先に栗、と言われていなかったら、なんの味かな?と思ったかもしれません。もうちょっと栗っぽくても良かったかも、と思います。

 

焼き栗タイプも甘いですが、蒸し栗タイプと比べると甘さ控えめです。こちらは栗のお菓子の味がしっかりして、そして焼き栗らしい香ばしさも感じました。

 

まだまだ暑いので、ミルクチョコレートや秋の食材を使ったお菓子を食べるには早い感じですが、パッケージデザインが秋らしく素敵で、買うこと自体がちょっとした気分転換になりました。

 

今回このルックチョコレートを食べて、昨年はロイヤルホストで栗の期間限定デザートを食べたっけな・・と思いだしました。「またロイホで栗のデザートやるかな・・」と、ちょっとワクワクしています(笑)。