してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べ比べてみた - ミント味チョコレート4種

 

ミント味のチョコレートのお菓子がとっても流行っていますね。

コンビニに行くとずらりと並んでいて、びっくりしてしまいます。チョコミント味のアイスクリームはおなじみですが、お菓子になるとどんな味なんだろう?とちょっと興味を引かれます。

 

そしてとうとう先日、ポッキーのチョコミント味を買ってしまったのですが、ココア味の本体にミントチョコの組み合わせが、なかなかおいしく、ほかのお菓子も食べてみたくなりました。でもすごく種類があります。全部は無理なので、4つ買ってきて、食べ比べてみました。

 

今回購入した4種類はこちらです。

 

f:id:mubikichi:20190614133956j:plain

 

すべて、100円ちょいの、ミント系お菓子のなかでは安めの部類に入るお菓子たちです。まずクッキータイプから試してみました。

 

f:id:mubikichi:20190614134126j:plain

「カントリーマアム 超チョコミント」

 

パッケージを見て、水色のクッキーなんだ?と思ってなかを見たら、クッキーにちょっと青が混ざったような、なんだか食欲がわいてこない色でした。

 

中身は6個入りです。クッキーのなかには、パッケージに画像があるとおり、ミント味のチップが入っています。

 

f:id:mubikichi:20190614135011j:plain

 

クッキーの裏側にはチョコレートがついていて、涼しい時期はいいと思うのですが、今の時期は室温でも溶けてきてしまい、食べている間は手についたチョコレートを拭くためにティッシュを置いておかなくてはなりませんでした。

 

ミント味のお菓子はどうしてもミント系の歯磨き粉を思い出してしまう面があると思いますが、このカントリーマアムが4種のなかで一番歯磨き粉っぽい味が口のなかや喉に残ってしまいました。

 

次に食べてみたのはこれです。

 

f:id:mubikichi:20190614134823j:plain

「ブランチュール チョコミント味」

 

アルフォートで知られるブルボンのミニクッキー菓子です。中袋を開けると、ミントガムのような香りが漂ってきました。 

 

f:id:mubikichi:20190614135029j:plain

 

ココア味のクッキーにミントチョコレートがサンドされています。クッキーはラングドシャタイプなので、柔らかくてサクッとした、歯ざわりのよいクッキーです。

 

クッキーサンドなので、チョコレートは柔らかくなっていても、指にチョコがつかないのがとっても良かったです。今回試した4種のなかでは一番甘さを感じました。チョコレート部分は、香りと同じく、ミントガムみたいな味でした。

 

小さいので、ちょっと甘いものがほしい、という時にぴったりです。数も12個もあって、少しづつ食べれるのもいい感じです。 箱入りなのでしまっておけますし。

 

次に試してみたのはこちらです。

 

f:id:mubikichi:20190614135826j:plain

「ルック2 チョコミント食べくらべ」

 

スペアミントの色とクールミントの色に金色のロゴがとってもおしゃれなパッケージです。

 

ルックは食べ比べが楽しいチョコレートですが、今回は、ミントクリームにつぶつぶした食感のラムネが入った「定番チョコミント」と、爽やかさアップのミントクリームにミントソースがプラスされた「超チョコミント」の食べ比べです。 

 

f:id:mubikichi:20190614140319j:plain

 

指につくことはないですが、今の時期はやはり常温ではチョコレートはとっても柔らかめです。でも、さすがルック、チョコレート自体はとてもおいしかったです。

 

定番チョコミントのなかにはラムネが入っているとのことですが、なんかつぶつぶしたのが入っているな、とは感じますが、それがなんなのかは食べただけではちょっとわかりませんでした。

 

超チョコミントのほうは、爽快感マックス(笑)。ミントソースもけっこう入っていて、ミントが強い時の辛さを感じますが、包んでいるのがミルクチョコレートなので、その甘さでちょうど良いおいしさになっています。

 

パッケージに書かれているように、冷やしたり、凍らせたりすると、もっとおいしくなると思います。

 

最後に食べてみたのはこれです。

 

f:id:mubikichi:20190614140840j:plain

「ベイク ミント」

 

「ミント好きも感動!」というところに、製品への自信が感じられます。チョコミント好き大学生「うしくろくん」が味わいとパッケージを監修したのだそうです。柔らかさとクールさが合わさったようなデザインは、確かにとてもかわいいです。

 

f:id:mubikichi:20190614141349j:plain

 

小さいクッキーみたいなのが10個入っていますが、ベイクなので表面はクッキーではなくチョコレートです。もちろん溶けないので指にもくっつきません。

 

ベイクのチョコレート部分が薄いのもあると思いますが、チョコレートを食べているという感じはありません。柔らかいミントクリームの食感と味が前面に出てきている、確かにミント好きが喜ぶタイプのお菓子でした。

 

ベイクはほとんど食べたことがないのですが、小さくても10個入っていると一度に食べきることができず、また、プラスチック皿(?)に入っているので、袋を折って保存することもできず、それもちょっと困りました。

 

4種のミント味のお菓子はどれも口のなかがスースーして気持ちのよいものばかりでした。一番気に入ったのは、ラングドシャクッキーの食感と甘さがおいしかった「ブランチュール」です。

 

お店にはこのほかにも、小枝やブラックサンダーのミント味もあったので、今度はそちらも試してみたいと思いますが、もう気温が高い日が多そうですから、どうしようかな、とも思っています(笑)。