してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

買ってみた - 東急ハンズで見つけた晴雨兼用折りたたみ傘

 

私の住む関東地方も7日に梅雨に入りましたが、ずっと雨が降るというわけではないので、これからますます日差しが強い日も増えてくるのだろうな、と思います。

 

近年の日差しの強さに危機感を覚え、昨年はとうとう晴雨兼用のUVカット折りたたみ傘を購入しました。以前は日傘を持っていればそれで良かったのですが、朝は晴れていても夕方は雨、なんていう日が増えてきたのもあり、とうとう買ったわけです。

 

昨年買った晴雨兼用折りたたみ傘は、ペットボトルを再生して作られたという傘で、とても軽くそして値段も手頃(2000円くらいでした)。UVカット率は確か95%くらいで、また傘の模様もかわいく、とても気に入りました。

 

そして何より気に入ったのは、強風に強い、というところだったのですが、折れないけれどそのぶん風が吹くと「しなり」がすごい!それほど強い風でもないのに、子供のころ遊んだゲイラカイトみたいにしなってハタハタとはためき、なんだか恥ずかしくて、今年はもう1本、傘の骨が鉄のものを買おう、と思っていました。

 

そしてこの前購入した晴雨兼用折りたたみ傘がこれです。

 

f:id:mubikichi:20190610095454j:plain

「Wpc.の晴雨兼用UVカット折りたたみ傘」2700円(税込み)

 

東急ハンズに行ったのですが、女性用の傘で気に入ったものがなかったので、男性用の傘コーナーで見つけました。色は紺などほかにもありましたが、スタンダードな黒をチョイス。

 

東急ハンズには昨年も男性用のUVカット傘が置かれていましたが、今年は種類も数もずっと増えていました。きっと男性も普通に日傘をさす時代がやってくると思います。ついこの前若い男性が黒い日傘をさしているところを見かけましたが、全く違和感はなかったです。

 

f:id:mubikichi:20190610100341j:plain

 

今回、傘を選ぶポイントは「骨が鉄」「軽い」「UVカット率の高さ」でした。骨が鉄だと重くなってしまいそうですが、この傘はそれほど重くなく、毎日持ち歩いても気にならない重さです。

UVカット率は昨年購入した傘よりも高く、なんと、99.99%以上。日傘としては完璧です!

 

価格もリーズナブルですし、とても気に入ったのですが、唯一気になったのは、留めるところがスナップではなく、マジックテープなところです。マジックテープは何度も使っているとだんだんくっつきが悪くなるイメージがあり、実際、今回買う前につけたりはがしたりしていただけで、なんとなくすでにボサボサしてきたような・・。

 

f:id:mubikichi:20190610101002j:plain

 

でもほかの晴雨兼用折りたたみ傘は重かったり、値段が高額だったり、色が気に入らなかったりで、いまひとつです。そのなかの1つ、北欧アウトドアメーカー(たぶん)の傘がやはりマジックテープを使っていて、「こんなちゃんとしたメーカーもマジックテープ使っているのなら、いいか」と、今回の購入にいたりました。

 

持ち手のところはゴム製のように見えますが、プラスチックのような、硬い素材でできています。そして傘の外側は黒い色で、内側も黒ですが、表側とちょっと素材が違い、UVカット加工がしてあるのだな、と思えます。広げてみると、薄いレインコートみたいな、シャカシャカした音がします。

 

f:id:mubikichi:20190610101219j:plain

 

 UVカット率は完璧だし、風にも強そうなので安心して使えそうな晴雨兼用折りたたみ傘を見つけることができて良かったです。まだ使っていないので、風が強そうな日にデビューさせてあげたいと思っています。

 

後日談

 

傘を使ってみました。軽めですがしっかりした造りで、風が吹いてもしっかりしていて安心しました。持ち手は小さいカップみたいな感じで、私には持ちやすいですが、手が小さい女性だとちょっと大きくて持ちづらいかもしれません。そういうところが、やはり男性向けの製品なのだなと思いました。