してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

UHA味覚糖の「コロッケのまんま デミグラスソース味」を食べてみた

 

前回はイタリアンレストランチェーン「カプリチョーザ」の名物であるライスコロッケを元にした「ライスコロッケのまんま」を食べてみましたが、今回は東京の老舗洋食レストラン「たいめいけん」の味を再現した「コロッケのまんま」を食べてみました。

  

f:id:mubikichi:20190514103547j:plain

「コロッケのまんま デミグラスソース味」160円(税込み)

 

 東京の中央区にある有名な洋食レストラン「たいめいけん」。行ったことはなくても、たいめいけんという名前は聞いたことがあるかもしれません。というか、お店の名前というよりも、三代目店主の茂出木さんをテレビで観たことがあるかもしれません。

 

「コロッケのまんま」のパッケージに印刷されている茂出木シェフ。味の監修をされたそうです。真っ黒に日焼けした姿がトレードマーク(?)の茂出木シェフですが、印刷されている写真は、すごくいい感じで撮れています。テレビに出演されている姿を何度か観たことがありますが、面白くて優しく、たまたまテレビで見かけるとちょっと嬉しいです(笑)。

 

たいめいけんにはずいぶん前に一度だけ行ったことがあり、またデパ地下に出店しているたいめいけんでもお惣菜を買ったことがありますが、この「コロッケのまんま」の元となったコロッケは食べたことがありません。それだけに、今回はとても楽しみでした。

 

f:id:mubikichi:20190514125518j:plain

 

パッケージを開けると、ほのかにスパイシーな香りが漂ってきました。デミグラスソースの香りではないです。コロッケの表面には茶色いパウダー的なものがまぶされたようについています。

 

f:id:mubikichi:20190514125756j:plain

 

お米を使ったライスコロッケとは違い、じゃがいもを使ってあるこちらは、割ってみた時にさっくりと割れました。この感じこそ、コロッケのまんま、です。

 

食べてみると、じゃがいもの甘さと、やはりスパイスを感じます。予備知識なしで食べたら、「カレー味?」と聞いてしまいそうです。でももちろん、カレーみたいに辛いということは全くありません。

 

パッケージの裏の原材料の記載を見てみると、たいめいけんのデミグラスソースの味を再現するのに苦労したんだな、と思えます。デミグラスシーズニングの材料として、コーヒーやココアパウダーも使ってあるそうです。そのほかにも、ガーリックパウダーやしょうゆ、ビーフ香味ペーストなど、いろいろ使われていて、なかなか複雑です。

 

ただ、食べてみてデミグラスソースらしい味はあまり感じませんでした。やっぱり、スパイスの味がしてカレーっぽい感じです。でもたいめいけんのデミグラスソースを味わったことがないので、本当にこういう味がするのかもしれません。

 

じゃがいもの甘さと優しいスパイシーさがおいしい、たいめいけんの「コロッケのまんま」でした。あと引く味で、ついついどんどん食べてしまい、あっという間になくなってしまいました(笑)。