してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べてみた - 不二家のルックチョコレート「LOOK平成流行スイーツ4」

 

スーパーマーケットのお菓子売り場に行ってみたら、不二家のルックチョコレートの新商品がたくさん売られていました。新商品5種類のほかに、パーティー用のルック大袋も2種類積んであったので、その場所はもう「ルック山」と呼べるような雰囲気に。

 

新商品の5種類はどれもパッケージデザインが明るく華やかで全部買ってみたくなりましたが、そうもいかず、特に惹かれた2つを買って食べてみました。

 

今回のご紹介はこちらです。

 

f:id:mubikichi:20190318131501j:plain

「LOOK 平成流行スイーツ4」

 

スーパーではセール品として税抜きで98円で売られていましたが、普通に買ったらもう少し高いのだと思います。

 

平成最後の年ということで、最近は「平成最後の◯◯」 のような、平成を意識したタイトルやイベント名が多く聞かれますが、この期間限定のルックチョコレートも平成最後の今年を意識したチョコレートです。

 

f:id:mubikichi:20190318131754j:plain

 

平成に流行したスイーツの味を再現した4種のチョコレートを楽しめます。みんな懐かしい&今でも普通に流行っているスイーツです。パンナコッタやナタデココも平成流行スイーツですが、チョコレートとの組み合わせは難しそうですね。

 

パッケージを開けると、強く香ってきたのはキャラメルの甘い香りでした。

それぞれのフレーバーが縦に並んで4列になっています。

 

f:id:mubikichi:20190318132040j:plain


フレーバーごとにLOOKの文字の位置や模様が違うので、例えばバッグのなかに縦置きして中身が混ざってしまっても、ちゃんと食べたい味を見つけることができます。

 

平成2年の「ティラミス」から、古い順に食べてみました。

 

「ティラミス」ルックのフィリングは、コーヒー味とははっきり言えないけれど、コーヒー味のような味。そんなところがまさにティラミスだと思います。味わっていると、ティラミスの上にかかっているコーヒーパウダー(?)の味を思い出してきます。

 

「クレームブリュレ」ルックのフィリングもちゃんとクレームブリュレの味でした。クレームブリュレは砂糖の上面を焼いてあるのでジャリッとした食感がありますが、このチョコレートのなかにもジャリッとしたものが!これがとってもクレームブリュレらしかったです。

 

次は「マンゴープリン」ルック。こちらもマンゴーの味がしっかりとするフィリングが入っています。マンゴープリンじゃなくてもマンゴーチョコレートとして売れそうです。

 

最後に食べてみたのは「生キャラメル」ルック。先に食べた3種はチョコレートのなかにはフレーバーのクリームが入っているだけでしたが、この生キャラメルのルックのフィリングはクリームの上にキャラメルソースが乗っていました。どうりでパッケージを開けた時にキャラメルが香ったわけです。

 

このキャラメルソースのおかげで、「生キャラメルルック」は濃厚感抜群。甘さも更に強くなっています。

 

平成を代表するスイーツをイメージした4種のルックは、それぞれ「これは◯◯だ!」と言い当てることができるくらい味がとてもはっきりとしていて楽しめました。友だちと一緒に食べれば、懐かしいね〜なんて笑顔になると思います。

 

ただ、ルックチョコレートは甘いタイプのチョコレートなので、この「平成流行スイーツ4」もかなり甘いです。でも1個1個が小さいので、甘さが強すぎるのが苦手でもおいしく楽しめると思います♪