してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

買ってみた - デアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」《 その 69 》

 

昨日発売の「かわいい刺しゅう」第14号。

今号の表紙はちょっと渋い緑色。第7号とたぶん同じ色では?と思います。

 

f:id:mubikichi:20190226140044j:plain

 

前半のタペストリー課題は、13号で始めた「ハーメルンの笛吹き男」の続きです。

 

笛吹き男が途中なので、これを完成させ、そしてやっぱり引き連れている子供たち5人全員の刺しゅうを終わらせることになっていました。

 

f:id:mubikichi:20190226141148j:plain

 

子供たちも笛吹き男まではいきませんが、結構カラフルでなので、完成したらこの部分はなかなか華やかでいい感じになりそうです。

 

テキストに載っている目安時間は全体で6時間。前号ではとても珍しく、テキストの目安時間ぴったりに終わらせることができたので、今回もそうであるといいな、と思います。7時間・8時間もかかってしまうとちょっとキツいです。

 

後半の雑貨小物課題は、前号からスタートした、こぎん刺しの「ふたつの柄のポットマット」の第2回目です。

 

第13号で小さいほうのこぎん刺しはできあがっていますが、とても時間がかかりました。そして今回の課題は前回よりも布が大きく、そして模様も難しそうです。

 

テキストを見てみましたが、ステップ解説の写真が今までになく大きく、「それって、難しいから??」と、今からビクビクです(笑)。ステップ解説をざっと見ただけでは、「これできるんだろうか?」と正直思えました。

 

でも、今回のポットマットは、プレゼントしよう、と思う人がいて、そしてすでにその人に伝えてしまってあります。なので、どうしても完成させなくてはなりません・・!

 

テキストに載っている目安時間は、なんと、10時間。そのほか布の準備に20分とありますが、これは1枚目の布の準備をした時についでにやってしまってあります。

 

第14号では、タペストリー課題と雑貨小物課題の目安時間を合わせると16時間です。

 

フルタイムで仕事をしていて、2週間で16時間を趣味に、は、なかなかキツいです。目もすごく使うし・・。どっちかの課題が多い時は、片方を少なくするとか、調節してくれるとありがたいのですが。

 

今後も時間が多く必要な課題が多いと、続けられなくなってしまいそうで困ります。でも、このくらいのボリュームのほうがやりがいがある、という方たちももちろんいるのだろうなー。

 

第14号のキットはこんな感じです。

 

f:id:mubikichi:20190226141930j:plain

 

紫の刺しゅう糸だけ、こぎん刺し用です。次の号でこぎん刺しした布2枚と合わせてパッチワークみたいにする用の布2枚も今号でついてきました。

 

いくら完成品が絶対素晴らしい、とわかっていても、こぎん刺しの課題はあまり気が進まないのですが、今号も頑張りたいと思います・・・・・!