してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

買ってみた - ロフトで見つけた「ポケトル」

 

友だちの誕生日プレゼントを探してあちこちをぶらぶら。

ピンとくるものがなかなか見つからないので、普段はあまり立ち寄らないロフトのキッチングッズコーナーにもいってみました。

 

そこでとっても目立っていたのが今回買ってみたミニサイズ水筒「ポケトル」(POKETLE)です。

 

ポケトル専用のコーナーが設けられていて、小さい縦長のグレーの箱が大量にディスプレイされていて目立っていました。なんだ?、と近寄ってみて、それが水筒だと気がつきました。

 

ポップの説明を読むと、ポケトルは持ち歩きステンレス水筒としては、現在のところ日本最小サイズとのこと。冬場のコートならばポケットに入れて持ち歩けるサイズです。

 

価格も手頃だったのでプレゼント用にまず1個購入。その後自分でも欲しくなり、また買いにいってしまいました。

 

f:id:mubikichi:20190201094259j:plain

「ポケトル」1296円(税込み)

 

私は無難なカラーのシルバーを購入しましたが、ポケトルのウリは、サイズの小ささのほかにカラーバリエーションが豊富なことだと思います。

 

カラーはこのシルバーのほかに6色。ブラック・ホワイト・ピンク・ネイビー・カーキ、です。

 

箱を開けなくても、箱の正面の左上のカラーシールでなかのボトルの色を確認できます。あと、箱の下のほうに穴が開いているので、そこからなかのボトルの色が見えるようになっています。

 

目の前にしてみると、本当にとっても小さくてかわいいです。

高さは14センチ強。大きめサイズのスマホと同じくらいです。直径は4センチ強です。

 

店頭のポップによると、ポケトルのコンセプトは女性の30分から1時間の外出用とか。お散歩や通勤に時に、ちょっと喉乾いた、となった時に便利に使える小型水筒だそうです。

 

ポケトルが入っていた箱に説明書が入っていましたが、そちらにはそういうことは書いてなく、「未だかつてない ポケットに入る 極小サイズ」とのコピーが書かれています。

 

ジーンズの後ろポケットにポケトルをつっこんだ絵が描かれているので、この絵からすると男性を意識しているように思えます。

 

ポケトルの気になる容量は、いっぱいに入れても120ml。ペットボトルの500mlや600mlから想像するとかなり少ないです。

 

ちなみに、なかに何も入れていない状態の時の水筒の重さは約120グラムだそうです。軽い!

 

ポケトルは小さくてもある程度の保温と保冷効果はあります。説明書によると43度以上(6時間)、12度以下(6時間)と書かれています。

 

まだお湯しか入れていませんが、朝7時に100度のお湯を入れると、朝10時くらいでは飲める程度に熱く、お昼12時くらいにはいい感じのぬるま湯になっています。

 

ただ、小さいだけあって、容量はとっても少ないです。ぬるま湯になってガブッと飲めるようになると、男性だったら10口もいかないのではないでしょうか。でも、まだ熱さが残っているとちびちびと飲むので、量がけっこうあるように感じます。

 

店頭のポップにあったように、まさに30分から1時間のお出かけにぴったりのサイズです。

 

ロフトではポケトルのディスプレイのそばに専用ケースも売られていました。なくても良いかなと思ったのですが、カバンのなかで水筒に傷がついたらイヤだな、とこちらも購入することに。

 

f:id:mubikichi:20190201101241j:plain

「ボトルケース」 648円(税込み)

 

こちらもカラーバリエーションが豊富です。このブラックのほかに、ピンク・オレンジ・ネイビー・ブルー・グレーがあります。

 

ダイビングのウェットスーツみたいな素材でできたケースです。水筒にぴっちりのサイズなので、水筒をなかに入れる時にはケースの口をちょっと広げながらにしないと入れづらいです。

 

f:id:mubikichi:20190201102145j:plain

 

ケースの上部にはベルト(?)が。水筒はねじのように回してフタを閉めるタイプなので、カバンのなかでフタが開いてしまうということはないと思いますが、このベルトで留めておけば、さらに安心です。

 

f:id:mubikichi:20190201102203j:plain

 

このベルトは短め設計なので、ボタンを留める時はちょっと引っ張り気味にしないとボタンがうまく留まりません。こうしてきつくベルトを留めることによって、フタが開いてしまう可能性が更に低くなります。

 

とにかく小さい「ポケトル」。カバンのすみっこにスッと入れておけるのがとっても気に入りました。軽さもうれしいです。私はあまり喉が乾かないタイプなので、このサイズ感がぴったりきます。

 

ちょっと口が乾いたな、と思った時に気軽にさっと取り出して、口のなかを潤せるのがいいです。今は口や喉の乾燥対策に活躍していますが、暑くなったら熱中症予防にとっても役立ってくれそうです。