してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べてみた - もつ鍋おおやまの「もつ鍋ランチ」

 

寒く日が続くと食べたくなるあったかいもの。洋食が好きなので、外で食事をする時は和食店に行くことはあまりないのですが、そんな私でも鍋ものが恋しくなる季節です。

 

そこで行ってみたのが、横浜のシンボル「横浜ランドマークタワー」内にある、「もつ鍋おおやま」です。

 

外食する鍋ものとしてはとってもメジャーな鍋の、もつ鍋。でも今まで食べたことがありませんでした。お酒を飲まないので、夜に鍋を囲んでお酒でワイワイ、ということがなく、そのせいで食べたことがなかったんだと思います。

 

でもある時、横浜のランチ人気店を検索していてたまたま見つけたのが「もつ鍋おおやま」。もつ鍋を提供しているお店で珍しくランチから営業していて、そして1人用もつ鍋も1000円ちょっとの値段で利用できます。

 

これはいつか行ってみたい!と何年も思っていて、そしてとうとう行ってきました。

 

「もつ鍋おおやま」は、博多の有名もつ鍋店。お店に行く日の前日、たまたま博多在住の友だちからラインが来たので「おおやま行くよ」と言ったら、いつもお店の前に行列ができてるよ、とのこと。ワクワク感が高まりました!

 

「もつ鍋おおやま」の横浜店は、横浜ランドマークタワーの地下1階「みらい横丁」にあるお店です。でもランドマークタワーによく来ている人でも、たぶん、行きかたがよくわからないと思います。 

 

地下1階に降りるのは、エレベーターと違って待つ必要がないエスカレーターが便利です。でも地下に降りていくエスカレーターは限られています。

 

地下に降りていくエスカレーターがあるのは、横浜ランドマークタワー1階の、クイーンズタワー寄りの場所。すぐそばに崎陽軒の売店があります。

 

f:id:mubikichi:20190126095305j:plain

 

降りていくと「みらい横丁」の案内が。エスカレーターで地下1階に降りたら左側に進みます。

 

f:id:mubikichi:20190126095402j:plain


 地下の駐車場を横切る感じで、飲食施設の「みらい横丁」内へ。

 

f:id:mubikichi:20190126095544j:plain

 

「みらい横丁」内に入ったら、右側に進むと「もつ鍋おおやま」があります。

 

f:id:mubikichi:20190126095648j:plain


 「もつ鍋おおやま」は、靴を脱いであがるお店です。

 

f:id:mubikichi:20190126100017j:plain

 

狙うランチは「もつ鍋ランチ」。1人用もつ鍋に、サラダとご飯か麺がセットされています。

 

f:id:mubikichi:20190126100651j:plain

 

店内に入ると、とってもいい香りが漂っていて、お腹が更に空いてきます。

 

「もつ鍋おおやま」の良いところは、全室個室なところ。でも部屋と部屋を仕切る壁の上部はあいているので隣の部屋の声が聞こえてきます。完全な個室ではありませんが、注文を取り終えたスタッフさんが引き戸を閉めると、それでも個室感満点でいい感じです。

 

ちなみに個室のなかは、掘りごたつテーブルでした。座ったり立ったりする時がちょっと面倒ですが、座ってしまえばとっても寛げます。

 

注文をした際に、スタッフさんに、もつ鍋のスープはみそ味で良いか、と確認されました。初めてでよくわからないので、それでお願いします、といいましたが、あとでお店のサイトを見たら、しょうゆ味とニンニクを使っていないしゃぶしゃぶ風があるようです。

 

そしてすぐ持ってきてくれた「もつ鍋ランチ」。もつ鍋は電子コンロの上に乗せてくれます。

 

f:id:mubikichi:20190126101659j:plain

「もつ鍋ランチ」1274円(税込み) 

 

もつ鍋・サラダ・香の物(ゆず大根)。〆にはご飯かちゃんぽん麺を選ぶことができたので、麺をチョイスしました。

 

もつ鍋が煮えてくるまではサラダを食べて過ごします。大根のサラダです。

 

f:id:mubikichi:20190126102015j:plain



上に海苔が乗っていて最初はよく見えなかったのですが、海苔をどかしてみると、大きな辛子明太子が現れました。その下にはマヨネーズ。明太マヨで食べた大根サラダはとってもおいしかったです。

 

f:id:mubikichi:20190126102240j:plain

 

サラダを食べている間に煮えてきたもつ鍋。電子コンロの熱の調整はボタン(?)で簡単にできます。

 

濃厚クリーミーなみそスープとクタクタになったキャベツの相性は抜群です。スープはどんどんコクが増し、最後はバターをちょっと入れたかのような味わいとなっていました。 

 

「もつ鍋おおやま」で使っているもつは、鹿児島産の黒毛和牛の小腸なんだそうです。柔らかいけれど弾力もあるもつでした。ただ、入っていたもつの数は少なく、ほんの数個だけでした。でももつ鍋初心者としては、それでも大満足です。

 

ゆっくり食べていたらスープが煮詰まって少なくなってきてしまいました。急いでちゃんぽん麺を投入。スープがどんどん少なくなり、最後はカルボナーラ風に(笑)。 

 

ちゃんぽん麺は結構量がありましたが、鍋自体が野菜鍋みたいな感じなので、お腹いっぱい!という感じにはならず、最後までおいしくいただくことができました。

 

初めてのもつ鍋体験は大満足で終わりました。濃厚味が好きなので、しょうゆ味ではなくみそ味のスープを選んで正解だったと思います。

 

ただ、男性にはちょっと量が足りないかとも思いました。でもキャベツおかわり無料・ご飯大盛り無料なので、量はここで調節できると思います。

 

「もつ鍋おおやま」のサイトを見てみると、九州以外にも東京や大阪、宮城にも店舗がありました。

 

ランチでもつ鍋が食べたくなったら是非どうぞ。でも服にニオイがすごく付くので、ご注意ください。私のダウンジャケットは翌朝までおいしそうなニオイがしていました(笑)。

 

 

www.motu-ooyama.com