してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べてみた - ロイヤルホストの「食いしんぼうのシェフサラダ ランチ」

 

昨年3記事をアップした「野菜を食べる」シリーズ。実はまだ続いています(笑)。でも、店舗数が多いチェーン店のみをピックアップしているので、もうあと1店くらいでおしまいかなと思っています。

 

今回ご紹介するのは、ロイヤルホストの「食いしんぼうのシェフサラダ ランチ」です。

 

こちらのランチメニューは、グランドメニューにある「食いしんぼうのシェフサラダ」に低糖質のパンとスープをセットしたものです。

 

f:id:mubikichi:20190124134844j:plain

 

「食いしんぼうのシェフサラダ」は単品で税込み950円。ランチセットで注文するとプラス216円でスープとパンが付いてきます。

 

f:id:mubikichi:20190124135057j:plain

「食いしんぼうのシェフサラダ ランチ」1166円(税込み)

 

サラダの内容はメニュー写真を見て知ってはいましたが、いざ大きなお皿に乗った盛りだくさんのサラダが目の前に出てくると、「わっ!豪華!」と思える華やかさです。

 

このサラダとパンのほかにオニオンスープのカップスープがセットされていました。スープはサラダやパンよりもかなり早く提供されたので、冷めたらイヤだな、と先に飲んでしまいました。

 

ちなみにロイヤルホストのウェブサイトによると、スープの糖質は1.9gから3gだそうです。

 

大きなお皿にいろいろな食材と一緒に盛られたシェフサラダ。中央にはオニオンドレッシングがかけられたレタスが盛られています。

 

写真ではレタスたっぷりな感じに見えますが、量はそうでもなかったです。少し横から撮った写真を見ると、あまり多くなさそうだな、と思えると思います。

 

f:id:mubikichi:20190124135820j:plain

 

 レタスにかけられているオニオンドレッシングは、ロイホのセットメニューなどに添えられているサラダに使われているドレッシングと同じものだと思います。

 

程よい酸味と甘味のバランスが良くて、野菜をさっぱりおいしく食べることができる、嫌われることのないタイプのドレッシングだと思います。

 

レタスの小山の周囲を飾るのは、お腹にちょっとたまりそうな、おかず的な食材です。

 

ベーコン、ブロッコリー、唐揚げ、揚げポテト、トマト、アボカド、ソテーした(?)エビ、ゆで卵、といった色がそれぞれの食材がレタスのまわりに置かれ、サラダを華やかにしています。

 

注文した時は、メニューの見た目はキレイだけれど普通のサラダだろう、と、そんなに期待していなかったのですが、いざ食べ始めてみたら、いろいろな食感と味を少しづつ楽しめる感じで、意外にもとても充実したランチタイムとなりました。

 

味が濃いもの、薄いもの、さっぱりしたもの、こってりさを感じるもの、歯ごたえの良いもの、柔らかいもの、などがうまく一皿にまとめられていて、めりはりのある楽しいサラダだと思います。

 

そしてランチセットに付いてくるのが、低糖質のパン。ローソンのブランパンみたいな、柔らかいけれどサクッとした食感の、おいしい歯ざわりのパンでした。

 

パンの糖質は9.3g。カロリーは164カロリーだそうです。ダイエット中ではないのでマーガリンをつけて食べましたが、つけたほうがおいしかったです。

 

見た目も豪華でしたが、食べた満足度も高かった「食いしんぼうのシェフサラダ ランチ」。もうちょっとレタスが盛ってあったらボリューム感が出て、もっと豪華な感じになっていいのにな、と思いました。

 

ただ、ドレッシングがさっぱり目のせいもあるのか、数時間後にはお腹が空いてしまいました。このサラダに興味はあるけれどお腹が早くに空いてしまうのは困る、という時には、「食いしんぼうのシェフサラダ ブランチセット」がおすすめです。

 

こちらもシェフサラダにパンとスープが付くセットですが、パンとスープがグレードアップ(?)します。

 

パンはバゲットを使ったガーリックトースト、スープはロイホ名物のオニオングラタンスープです。

 

料金は税込みで1382円。「食いしんぼうのシェフサラダ ランチ」と比べて、216円の差です。

 

糖質は高くなりますが、健康上そのあたりを気にしないで良いのなら、こちらのブランチセットも魅力的です。

 

気に入ったので、きっとまた食べるであろう「食いしんぼうのシェフサラダ 」。メルマガ会員割引が15%の時がよくあるので、その時を狙って今度はブランチのセットで食べてみたいと思っています。