してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べてみた - スターバックスの「アメリカンスコーン Goma Goma Goma」

 

期間限定のドリンクやスイーツ・フードが毎回楽しみなスタバですが、最近始まったのは「GOMA GOMA GOMA」です。

 

GOMAは日本語の「ゴマ」。ゴマを使ったホットドリンクだけでなくフラペチーノもあり、どんな味なんだろう?と興味を引かれます。

 

でも寒いのでフラペチーノはやめて(笑)、スコーンを食べてみることにしました。

 

f:id:mubikichi:20181229121928j:plain

アメリカンスコーン Goma Goma Goma」270円(税抜き)

 

ゴマ感満点のスイーツです。そしてなぜか、ほかのスコーンよりも大きい感じで、その点でも惹かれました(笑)。

 

黒いボディの上には、白ゴマと黒ゴマでできたゴマキャンディみたいなものがトッピングされています。(1個は落ちていますが)

 

上から見た時にはちょっとわかりませんでしたが、サイドから見るとスコーンの生地にゴマがそのまま練り込まれているようです。

 

食べる前になかを見てみることに。

 

f:id:mubikichi:20181229122702j:plain

 

たまたま見てみたところには、ゴマはほどほどに入っていましたが、あとで食べてみたら、ゴマがいっぱい入っているところもありました。

 

食べてみると、スタバのほかの種類のスコーンよりもパサパサしています。ドリンクがないと口のなかが乾いて食べづらいかもしれません。 

 

でもなかにはゴマがたっぷりと入っているので、噛んでいるとゴマの油でちょっとしっとりしてきます。ゴマの食感がとてもいいです。

 

スタバのスイーツは今までもいろいろ食べてきましたが、これは甘さ控えめスイーツの部類に入ります。それもかなり甘くないタイプのスイーツです。

 

スコーン自体にはほぼ甘さはありません。生地の味とゴマの風味でなんとなく甘さを感じる程度です。

 

上に砂糖で作ったような白いクリーム状のものがかかっていますが、こちらもかなり甘さ控えめです。

 

そしてトッピングのゴマキャンディ。こちらは白いクリーム状のものよりも甘さを感じますが、でもやっぱり甘さ控えめです。

 

f:id:mubikichi:20181229123627j:plain

 

歯にくっつく感じのキャンディなので、歯に気になるところがある場合は、食べる時に注意が必要だと思います。

 

スターバックスのウェブサイトを見て、このスコーンについて調べてみました。

 

スコーンの生地が黒いのは、黒ゴマを使っているからだけでなく、竹炭も使っているからとのこと。そして風味を良くするために、白のすりゴマや黒糖も使われているそうです。

 

スコーンのなかに入っていたゴマは、金と白の炒りゴマだそうです。

 

「トッピングのコーティング」と書かれているのは、白い、砂糖で作ったようなクリーム状のもののことでしょうか。もしそうならば、ここには白ゴマが使われているそうです。

 

ウェブサイトを訪れてみなければ、こんなに工夫されて作られているスイーツとは気がつかずに終わるところでした。読んで良かったです、食べたものによりありがたみを感じました(笑)。

 

ゴマ好きにはたまらないスイーツですが、本当にとっても甘さが控えめなので、あまりお腹が空いていない時のランチ代わりにもおすすめだと思います!