してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

食べてみた - 明治の「明治ザ・チョコレート 3つのカカオ香味セット」

 

おととい、ファミマでブラウニー風味のケーキ風菓子パン(私が名付けた名前で、正式名称ではないです笑)と一緒に買ったのが、明治の「明治ザ・チョコレート 3つのカカオ香味セット」です。

 

今日はさすがにおとといのチョコレートの強烈な甘さの記憶も薄れ、またチョコレートが食べたいと思うようになりました。

 

 

f:id:mubikichi:20181109143817j:plain

 「明治ザ・チョコレート 3つのカカオ香味セット」135円(税込み)

 

いまコンビニにたくさん置かれているので、「これ知ってる」と思われたかもしれません。

 

「明治ザ・チョコレート」は、おしゃれなパッケージと、コンビニで売られている板チョコにしては高額な価格が特徴の、明治の売れ線チョコレート・シリーズです。

 

色や模様違いでおしゃれにデザインされたカカオの実がパッケージに印刷されている見るからに高級感があるチョコレートは、コンビニやスーパーで目立っています。

 

1つ200円以上しますが、それぞれコンセプトやカカオ率が違うなんだか本格的なチョコレートなので、「いいもの食べてる」感を体験することが出来、また量は少なくてもチョコレートに厚みがあるので、満足感も得ることが出来ます。

 

その「明治ザ・チョコレート」シリーズのなかから3つの味をお試しサイズで一箱にまとめたのが、今回購入した「明治ザ・チョコレート 3つのカカオ香味セット」です。

 

過去に「明治ザ・チョコレート」のカカオ率70%のものを2種類と50%のものを1種食べたことがあり、予想以上においしかったので、もともとファンだった「明治ザ・チョコレート」。

 

お試しサイズとはいえ、3種入って150円以下は安い!と思って、この明治ザ・チョコレート 3つのカカオ香味セット」を手にとってみたら、、、

 

ものすごく軽い!

 

ということは、中身が少ないんだろうな・・と思いましたが、やっぱり中身を見てみたいので、買ってみました。

 

箱の裏にはこんなことが書かれています。

 

f:id:mubikichi:20181109145620j:plain

 

 カカオ率については記載がありません。健康に良いといわれるカカオ率70%のが食べたいなぁ、左はじの青い模様は見覚えがあるから、これは70%かなぁ、と思いながら箱を開けてみました。

 

健康に良いのが・・なんて、おとといあんな甘いの食べておいて、どの口がいっているんだか(笑)。

 

開けてみたら、なんとなく化粧品のサンプルを思わせるラボ的なデザインの中身でした。ここで3種のチョコレートは全てカカオ率70%であることが判明。

 

f:id:mubikichi:20181109150107j:plain

 

たぶん、ですが、青いのとオレンジのは前からあって、一番下のブルーグリーンのは最近発売になったものでは?と思います。

 

それにしてもとにかく小さい!!本当に、お試しサイズです。ファミマのカウンターコーヒー(S)カップと一緒に置いてみました。

 

f:id:mubikichi:20181109150426j:plain

 事情を知らなかったら、砂糖に見える大きさです。

 

箱の内側に書かれていた説明を読むと、チョコレートはカカオの香りに個性が現れやすいとか。

 

大きく分けると、ナッティ系、フルーティ系、フローラル系の3つとなるそうで、今回の「明治ザ・チョコレート 3つのカカオ香味セット」では、この3種を同じカカオ率で試すことが出来ます。

 

個包装を開けて並べてみました。

 

f:id:mubikichi:20181109151049j:plain

 

左から、ナッティ系、フルーティ系、フローラル系です。

小さくとも、それぞれおしゃれな模様がついています。右はじは見えづらいですが、バラの花のような模様です。

 

それぞれを交互にちょっとづつ食べて比べてみました。同じ70%のカカオ率のチョコレートなのに、香りや味が結構違うものだな、と実感しました。

 

青のナッティ系は「力強い深み」と書かれています。パッケージに印刷されていた円グラフを見るとナッツの香りが強いそうですが、それほどでもなかったように思います。

 

円グラフのとおり、ビター感はほかの2つと比べて高く、また、円グラフでは酸味はそれほどでもないはずですが、苦味のあとに残るのはなかなか強い酸味でした。

 

オレンジのフルーティ系は「華やかな果実味」と書いてあります。個包装から出した時にふんわりと良い香りがしました。かといって、みかん味などではないです。

 

フルーティ系なので、円グラフどおり酸味が強かったですが、円グラフでは低めになっている甘味が意外にも強く感じられました。甘味のあとにビター感がやってくる感じです。

 

最後のブルーグリーンのフローラル系は「凛と香り立つ」と書かれています。花系の香りのチョコレートは想像がつきませんでしたが、個包装を開けると、フルーティ系とはまた違った良い香りがしました。

 

味は、ナッティ系やフルーティ系よりもあっさりしています。円グラフを見ると、ビター感も酸味も比較的低めです。

 

今回食べ比べをした3種はどれも食べやすい味ですが、初めてカカオ率70%のチョコレートにチャレンジするならば、このフローラル系が食べやすいのでは?と思いました。

 

食べ比べてみた結果、自分としては、3つのなかで一番パンチがあったナッティ系が好みの味とわかりました。苦味と酸味がはっきりしていて、まさに「力強い深み」です。

 

いままでたくさんチョコレートを食べてきましたが、今回のようにまるで専門家のように食べ比べをしたことはなかったので、なかなか面白い体験をすることが出来て楽しかったです。