してみたブログ

買ってみた、使ってみた、食べてみた、などなど、日々の「してみた」について綴ります。

デアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」《 その 14 》- 第2号を終えての感想 -

f:id:mubikichi:20181006123658j:plain

 

「かわいい刺しゅう」の第2号の課題が終わりました。

 

第1号は値段的にも課題のボリューム的にもお試し号だったと思うので、課題でやることが増えた第2号からがこれからのだいたいの課題の量なのではと思いました。

 

そこで第3号の課題を始める前に、第2号ではどれだけ時間を使ったのか見直してみることにしました。

 

過去のブログを見返してみて・・

 

※※ タペストリーの課題 ※※

 

・アウトラインステッチの練習 30分

・アルファベット(T A F I の4文字)のアウトラインステッチ 3時間

・アウトラインフィリングステッチ(O T A F I の5文字) 5時間

・Oのなかのアウトラインステッチ  50分

 

タペストリー課題では約9時間20分かかっています。

 

 

※※ コースターの課題 ※※

 

・「花とリス」のコースターのクロスステッチ 5時間15分

・コースター2枚を仕立てる 2時間20分

 

刺しゅう雑貨の課題では約7時間35分かかっています。

 

 

いざ計算してみて、こんなに時間がかかっていたんだ!と衝撃を受けました。

 

針と糸を扱うこと自体には慣れていて、刺しゅうが初心者なだけなのですが、テキストに記載されている作業の目安時間を大幅に超えています。

 

タペストリーのほうは、ものすごくまでは超えていないので良いのですが、コースターの課題の制作時間の目安は2時間となっています。テキストを見ながらだったので作業が遅かったとしても、今回の課題内容はとても2時間では出来るとは思えません。どこからこの2時間が??(笑)

 

今後続けて行くなかで、だんだん慣れてきて、きっと少し制作時間は早くなってくると思いますが、今の段階では自分の自由時間のかなりを占められてしまい、気持ちに余裕がありません。

 

もっと余裕を持って、刺しゅうを豊かな心で楽しみたい!(笑)

 

第2号でかかった時間からおおざっぱに計算すると、「かわいい刺しゅう」は隔週刊なので、1日に1時間を刺しゅう時間と決め、あとは週末に少し長い時間取り組むようにすれば上手くまわって行くのかな、と思えます。

 

今までは課題を終らせるのにどのくらいかかるのか見当がつかなかったので、時間のある時に焦りながらわーっとこなしていた時が多く、あまり楽しいとは思えませんでした。

 

1日に1時間の時間を平日に作るのはちょっと難しそうですが、でもそう出来るようになれば(まずテレビを観るのを減らし笑)、その時間だけは刺しゅうに没頭する癒やしの時間となるのではないかと思えます。

 

「かわいい刺しゅう」は1冊約1400円なので、1日100円くらいで充実した豊かな時間を持てるのならば素敵ですよね。

 

 

始める前は週末などに数時間課題に取り組めば大丈夫なのかなと思っていましたが、いざ始めてみたらなかなかハード!実は「刺しゅう道場」のような、 「かわいい刺しゅう」でした!